ホーム サプリ人気商品 バストアップサプリの基本 有名な成分 バストアップ方法

バストアップサプリと卵胞期&黄体期の関係


さてここでは、バストアップサプリを飲む際に欠かせない知識、卵胞期と黄体期について紹介しようと思います。

卵胞期

卵胞期は、月経が終わってから排卵までの時期をいい、低温期とも呼ばれます。月経周期は四つのサイクルで構成されていますが、その月経周期の前半部分にあたるのが卵胞期です。そのサイクルとは月経期→卵胞期→排卵期→黄体期となります。

この時期は女性ホルモンの一つのエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が一番多くなる時期で、体調が最も良くなる時期としても知られています。

体の中では卵巣で新たな卵子がつくられ成長しつつ、成長していく期間で受精卵の着床をのために子宮内膜も厚くなってきます。

女性の美しさが最大限に発揮される時期なのでデートは卵胞期が良いとでしょう。

黄体期

黄体期は排卵期の後の10日前後の期間の事を呼びます。精子と卵子が受精し子宮内膜に着床する時期でもあります。

体の調子が悪くなる時期で、イライラが募る時期としても知られています。また、肌荒れが起きやすくなったりといった気持ちと体の両方の調子が不安定となる時期です。

卵胞期とは逆に、基礎体温が高くなり高温期と呼ばれます。

プロゲステロン(黄体ホルモン)が多くなるこの時期はエストロゲン様の成分をとるとホルモンバランスが崩れて生理痛がひどくなったりします。そこで、エストロゲンに似た成分を含むバストアップサプリなどは、この時期ではなく卵胞期に取るのが良いとされています。

プロゲステロンの働きをサポートするワイルドヤムなどの成分はこの時期に摂取しましょう。