ホーム サプリ人気商品 バストアップサプリの基本 有名な成分 バストアップ方法

バストのハリやタルみを解消する「コラーゲン」


コラーゲンは体内で生成されるタンパク質の一種で、軟骨や骨などを構成しています。

このコラーゲンが減少していくことで、細胞の生産活動が弱くなってしまいます。年齢を重ねることによって、その生成量よりも分解量の方が多くなっていくため、肌のターンオーバーが正常に行われなくなり、顔にたるみができてきたり、シワが多くなったりします。

骨や軟骨を構成している成分でもあるので、加齢による関節の痛みや骨の痛みはこれが原因の一つとされています。

またこのコラーゲンは、細胞と細胞をつなげる接着剤の役割をしており、骨や皮膚、内臓を生成し、細胞も活性化させてくれます。特に女性にはこのコラーゲンが必須で、肌荒れを改善してくれたり、肌の弾力性や水分含有量、髪の健康を保つ働きをしてくれます。

肌の弾力性にはもちろんバストも含まれており、若い頃はコラーゲンの生成量が非常に多いためバストにも張りがありますが、20代後半くらいからコラーゲンの生成量はどんどん減っていきますので、何もお手入れをしないとバストに張りがなくなり、バストの位置が垂れてきてしまったり、しぼんでしまったりするわけです。

コラーゲンはサプリメントタイプやドリンクタイプで摂取するものが多く、バストアップサプリにも配合されているものが多く見受けられます。もちろんバストのハリを維持したり取り戻したりといった効果もありますが、もう一つバストアップにとって重要な理由があります。それはクーパー靭帯の強化が挙げられます。

クーパー靭帯はバストを吊っている繊維質の束で、バストの形を維持するために欠かせない器官の一つです。このクーパー靭帯は、コラーゲンで構成されているため、コラーゲンを摂取することによってクーパー靭帯が強化できると言われています。

クーパー靭帯は一度切れると自然には元に戻らないものなので、コラーゲンを摂取することによってクーパー靭帯の強化に努めるとバストアップに良いでしょう。


最近脚光を浴びてきたプラセンタもコラーゲンと同じく化粧品や健康食品に配合されているので、その特徴を見てみましょう。